最近になって寒波の影響もあり
寒さが一段と増してきました。

今年は11月中旬~12月初旬までの陽気が
比較的に暖かく、天候も良好だったので
路地野菜を中心とした作物全般が、
生育順調すぎて、供給過剰になり市場に溢れ
野菜の相場を下げました。

その野菜・供給過剰の中スタートした
都内の業者様向け、キャベツ。(契約栽培)

IMG_0343



IMG_0337


私たち生産者がこの様な時、いつも思うのが
契約栽培のありがたさ・・です。
青物相場の乱高下に左右されることなく
一定の単価・数量のおいての出荷。
安定的な農業経営には必要な要素ですね。


生産者の皆様も、いつもご協力ありがとうございます!